啄木鳥の森

バードウォッチングと野球とドラマ『相棒』『太陽にほえろ!』『京都迷宮案内』、ドラゴンクエストと本が好きな戯言だらけの啄木鳥です(・◇・)/

web拍手 by FC2
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
2009.09.09 Wed 01:10

※メッセ戴いてるみなさんすいません・・これだけ取り急ぎ書きます・・・(汗)試合の余韻が残ってる内に書いてしまおうとおもって・・・m(_ _)m




ヤクルト-広島 1回戦 3-6




先発2(遊)




1回表  左中間タイムリー2ベースヒットで2塁へ


(館山)


3回表  外低めの球をセカンドゴロ 1アウト




3回裏  ガイエル ピッチャーゴロ1-6-3のダブルプレー3アウト




5回表  外高めのストレートをライトフライ 1アウト




7回表  外変化球をショートゴロ 1アウト




9回表  センター前ヒット1塁へ⇒フィリップスサードゴロでダブルプレー2アウト


(松岡)




≪考察≫


本日の試合では大変珍しく小窪の方へゴロが飛んでこなかった。


なので、守備において書くことは特になし。


一方の打撃だが、こちらは幾分物言いというか彼だからこその厳しい注文をつけたい。


まず、5打数2安打という結果については上出来と思う。


1回表にしても、今日の館山の低めの打球をほとんどが空振りしていた中でよく捉えたと思うし、それから9回表にしても2-1から低めのフォークをよくあそこまで飛ばしたなと思う。いい当たりというのが肌で感じたことがないが、良く捉えていたと思われる。


ただ、そうしたいい当たりがあった反面、最近になって特にかなり低めでもバットに当てているのが気になる。


以前のように、球を見て塁に出ることも必要な場面ではそうして欲しいが、そこは好調なゆえに当てた方が可能性が広がると考えたのだろうか。


そうであっても、初球打ちは別としても、2球目3球目でのゴロが増えてきたような気がする。気がするだけで実際はそうではないかもしれないが、少し急ぎすぎというか必要以上に低めに手を出すのはどうかと。


ただ、今日の先発の館山に関しては大体7~8割くらいの割合であんなに低めでも空振りをさせている中で、彼の投球を全て球に当たったことを評価すべきなのかもしれない。




小窪に今後高いレベルでの打撃を注文したい。何故ならば彼には選球眼の良さという武器がある。打率が3割超の好調な今ならば全く心配ないが、長い目で見ると調子の悪い時でも塁に出たいとすると、ヒット重視の打席ではこれから少々心配かもしれない。


調子が上がってても低目を見送る勇気というのか・・そうした姿勢も大事にして欲しいところである。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2009.09.08 Tue 17:46

広島-阪神3回戦 1-4




先発2(遊)




1回表  赤星レフト前ヒットで1塁へ※ヒットゾーン(守備範囲外)だったが追いかけて取り損ねる


      →赤星2塁への盗塁を阻止


      鳥谷レフト前ヒットで1塁へ


      ※これもレフト方向まで追っていったが取れず


      新井ショートゴロ1塁へ3アウト




1回裏  1-2から低めをライトフライ2アウト




2回裏  レフト前ヒット2アウト3塁1塁




3回表  平野ショートゴロ1塁へ 2アウト




4回表  新井ショートゴロ1塁へ 2アウト




4回裏  空振り3振 3アウト




5回表  赤星ショートゴロ1塁へ 3アウト




7回表  新井ショートゴロ2塁へホースアウト 3アウト




7回裏  ライトフライ 1アウト※浅井の好捕球により、ファールならず






≪考察≫


1回表の守備にて2度キャッチに至らなかった場面があった。ショートの守備範囲はどこまでか?少し範囲を取りすぎてるのではと思えたが、ただレフトのフィリップスの鈍足をカバーしようとしていたのかもしれない。今後、その辺も注意深く見ていきたい。


一方の4回表は対応が速かった。素晴らしい守備だった。

web拍手 by FC2
2009.09.03 Thu 22:15

中日-広島 3回戦 1-8




先発7(遊)




2回表  外角のフォークを空振り三振 3アウト


(吉見)


2回裏  和田ショートゴロ1塁へ 1アウト




4回表  低め低めを見極めての四球で1塁へ 2アウト満塁


      ⇒倉のタイムリー2ベースヒットでホームイン




5回表  1アウト1・3塁の1-2からサードへのタイムリー内野安打1塁2塁


      ⇒倉ピッチャーゴロで3アウト




6回裏  井端ショートゴロ1塁へ 1アウト




7回裏  小山ショートゴロ6-4-3のダブルプレー 3アウト




8回表  センター前ヒット1アウト1塁へ⇒倉のレフト前ヒットで2塁へ


(ネルソン) ⇒東出ピッチャーゴロで3アウト


8回裏  森野ファーストゴロ3-6-1塁はセーフ 2塁はアウト






≪考察≫


守備も今日は問題なく裁けたと思う。


ただ、8回裏で森野をアウトにするよりも井端を3塁でアウトにするのが先決のような気がしたのだが・・・


打撃では、吉見が珍しく調子を狂わせたところに乗じて良かった。2回表はボールの見極めがイマイチだったように思うが、4打席2安打とあってそこは由としてもいいだろう。




≪感想≫


これで中日にはあれだけ連敗していたのが一転して3タテ。信じられないくらいである。


この3連戦には、小窪が打撃でかなりの結果を残していることをファンとして忘れるまい。


毎回誰かしらの影の立役者的にあって一向に主役に躍り出られないのがもどかしいが、目立つことではなく地道に成績を挙げることに集中すべしかな。明日からのカードも頑張れ。

web拍手 by FC2
2009.09.03 Thu 21:57

中日-広島 1回戦 3-6




先発7番(遊)




2回裏  平田ショートゴロ1塁へ 3アウト




3回表  三遊間抜レフト前ヒット1塁へ⇒石原サードゴロで0アウト2塁へ


(チェン) ⇒東出センターフライ3アウト




4回裏  ブランコショートフライ2アウト


      平田ショートフライ3アウト




5回表  三遊間抜レフト前ヒット1アウト1塁⇒石原センター前ヒットで2塁へ


      ⇒今井ナイスバントで3塁へ(2アウト3塁2塁)


      ⇒東出センター前ヒットでホームイン




5回裏  藤井ショートゴロ1塁へ 1アウト


      チェン ショートゴロ1塁へ 3アウト




6回裏  平田ピッチャーゴロ 6-3のダブルプレー 3アウト




7回表  ハーフスイングを取られ空振り3振 1アウト


      ※縦のかなり低めの変化球を谷繁が要求していた




7回裏  立浪ショートゴロ1塁アウト⇒2アウト3塁


      井端ショートゴロ1塁へ 3アウト




8回表  高めのストレート空振り3振 2アウト


(浅尾)






≪考察≫


攻守ともに、とても素晴らしい内容で完璧だった。


まず打撃だが、先発のチェンが左投手だったにも関わらず、バットの当たりの角度から何から何まで芯を捉えていたと、解説陣より評価を得ているくらいの素晴らしいバッティングだった。


一打席前の廣瀬が本塁打を打っている関係もあって自身も本塁打を打てなかったのが悔やまれるだろうが、そこは余計な懸念だろう。


何よりも、チェンの26連続イニング無失点記録を27にして終止符を打った5回表に絡めたのが良かった。




確かに東出の5打数2安打3打点が最も勝っていた成績だけれど、チェンの当たりを一番最初に捉え、ヒットを放ったのは小窪なのだ。大いに胸を張って欲しい。




一方の守備も、全く危なげなく今シーズンで最もいい動きで捕球もできていたのではと思える。


まず、2回裏では球が3塁側へかなり逸れていたところだったがよく捕球できた。


そして5回裏においても、藤井の初球放った速球を、よく落ち着いて捕球できたと思う。


小窪の著しい成長が窺える、そんな試合だった。

web拍手 by FC2
2009.09.02 Wed 23:34

中日-広島 2回戦 3-4




先発7(遊)




2回表  ど真ん中のチェンジアップをセンターフライ 2アウト


(川井)


3回表  2アウト満塁からど真ん中の変化球をショートゴロ 3アウト


(山井)


3回裏  岩崎ショートゴロ 1塁への送球間に合わず内野安打 アウト取れず




5回裏  李ショートゴロ1塁へ 1アウト




6回表  セカンドゴロだが岩崎のエラーにより内野安打、タイムリー2ベースヒットで2塁へ


      (廣瀬ホームイン、0アウト2塁)⇒前田健センター前タイムリーヒットでホームイン




8回表  四球で0アウト1塁へ⇒東出ライト前ヒットで3塁へ(2アウト3塁1塁)


(河原)      ⇒赤松サードゴロで3アウト




9回裏  平田セカンドゴロ4-6-3のダブルプレー ゲームセット






≪考察≫


昨日ほどの成績は挙げられなかったが、それでも危なげなくよくやった。


3回表はヒットしか生き残る術はなく2アウトだったのが不運だったくらいで、あとは3回裏での守備において送球が間に合わなかったのも、球がサード方向へ飛んでいったのを素早くキャッチするのが精一杯であり、むしろ捕球できたことを例えアウト取れなくても評価したい。


5回裏でも、高くバウンドした球をきちんと捕球できていたし、本当に守備が急激に良好に向かっていてファンとして大変うれしく思う。


8回表の打席では、彼の持ち味の選球眼が生きた久々に見る場面が見られた。

Calendar
2017.11.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

啄木鳥

Author:啄木鳥
アメブロから引っ越して参りました、はさくわです(・◇・)/ この度、元の名前の啄木鳥でもう一度ブログをやってみたいなと思い、ハンネを啄木鳥としました。野球シーズンの間は恐らく横浜ベイスターズの記事が多くなると思いますが、軸は日常ネタ中心で書きたいなーって思ってます(^^ゞ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター

Copyright © 啄木鳥の森 All Rights Reserved.

Material by ふわふわ。り / Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。