啄木鳥の森

バードウォッチングと野球とドラマ『相棒』『太陽にほえろ!』『京都迷宮案内』、ドラゴンクエストと本が好きな戯言だらけの啄木鳥です(・◇・)/

web拍手 by FC2
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
2009.09.08 Tue 13:33

えー、昨日書いた2記事の八ツ場ダム建設問題について。




何故、中止に賛成かを伝えそびれてたところがあるので・・






途中まで工事を着工済みな状態。云わば、部分的には廃墟状態と化してしまってるところも多いかと思ってます。




それだったら、もう工事を進めてしまってはどうか・・水域にあたる一都五県も予算を削ってるわけだし。




そうした意見もあると思うし、尤もだと思います。




でも、工事を進めて完成して、ダムとして今後使い続けていくわけで。




使い続けるってことは、それだけ維持費がかかるということで。




しかも、永久に・・・




もし、このダムを造成しても無駄に終わる率が大きいのならば、今の時点で工事は中止すべきだと思います。




このダムに使うはずだった維持費は浮くわけだから、その分を移転してしまった住民の方の再建の費用に充てるなり、町の存続に使うなり、それに折角あんな立派な森林を、残った分だけでもこれからも環境のためにも経費かけても残していくべし。




それと、現川原湯温泉地としての今後ですが、これまでダムに沈む温泉地として掲げてきた観光名所を改めるのは言うまでもないですが、秘湯ブームの今ならば、すぐそばに草津温泉があるとなれば、その隠れ湯の場として秘湯の名所とできないだろうか。




もはやあそこが残ることを前提に話してるが、残念ながら今の段階ではまだ正式に中止が決まったわけではない。要は、私が前々からダムに沈むのを憂いでいたゆえ、夢構想として捉えていただけたらと・・・




希望を捨てたくないです。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2009.09.07 Mon 15:43

というのが、私の思い・・・




たった1人で何ができるといってしまえばそれまでですが。




私が吾妻地区のダム建設の話を知ったのは、小さい頃に親から聞いたのが発端でした。




こんなにも緑豊かな大自然の渓谷美・・これが何十年後にはダムに沈むんだと。幼少ながら心を痛めました。




なので、この八ツ場ダム建設が中止されるかもしれない・・政権交代してこの問題についての知らせを聞いた時の真っ正直な感想としては、ホッとしたんですよね・・・




何故ならば、幾分ダム建設にあたって壊されてしまったとはいえ、吾妻地区には素晴らしい吾妻渓谷という名勝地がある。




紅葉がとても綺麗だと知られていて、私はまだ紅葉を見たことがないんですが(紅葉を見ようとしたら時期が早くて・・・汗)抜群だそうです。




でも、紅葉でなくても、渓谷の素晴らしさは健在。




こうした自然が無くなってしまうことに私は嘆いてもいました。




中止するからには、無意味な点が大きいってことなのならば、いっそのこともう完全に取りやめて欲しいと思う。




確かに、先ほどの記事にも書きましたが退去された住民の方のことを思うと、今更な話だし中途半端な着工途中の状態で野放しにされている箇所も多いようなので意見が分かれるところでしょうが、例えそうした弊害があっても、私はもうこれ以上の自然破壊は嫌だ。




ダムを作らないで済むならば、幾らでも節水に努める。いや、そうするべきなのではないでしょうか。降水量が多かろうが少なかろうが、だって蛇口を捻るだけで実は電気代も併せてかかってるんだから。






けど、そうはいっても実態を私はまだ見ていないのでこれ以上偉そうに言っても始まらないです。




今は行くのが厳しい状態ですが、できるだけ早くに現地へ行ってどういう実態かを、見て行きたいと思っています。

web拍手 by FC2
2009.09.07 Mon 13:14

まず・・ブログってのは、ひとつの情報提供でもあると最近になって痛感する次第です。




そうした観点からすると、今回のこの記事が余計な情報となってしまうかも知れませんがやはり何かを伝えたい。




うまく伝わらないかもだけど、それでも私がこういうことを考えてるんだなって、それだけでもいい。例え共感いただかなくても、それでもいいじゃない・・そう割り切った上で今日から記事を書いていこうと思います。






タイトルで何を書こうとしているかお気づきになった方もいらっしゃるかもですが、新政権が公約として掲げているある問題について。




群馬県吾妻郡にまさに建設中だった八ツ場ダムの工事が中止されようとしています。




という以上に、どうやら白紙撤回になったもようですが・・




このダムは、関東地域の広範囲に亘っての水源となるはずだったダムです。




そのため、各自治体もその分の財源を負担していた。




どうしてくれるんだというのが自治体の言い分であり、工事の続行を求めていくよう。




それはもっともであるし、これまで着工に使った分が全て無駄になってしまうのだから。




けどそれ以上に犠牲となったのは、何を隠そう吾妻地区住民の皆さんである。




57年前からダム建設の話が持ち上がり、幾度も幾度も反対運動を繰り返し、それでも恐らく強引かつ時には違法な手段を使って着工してきたんでしょう。国が示した代替地案を涙を呑んで受け入れた住民の方を思うと、今回の工事の入札中止は何ともやり切れない思いに違いないです。




ダムが完成しても水源付近の方へは何ら恩恵がない。




要は、言葉は悪いですが下流地域の生活の犠牲者なんです。




もしダムができたらば、そうした歴史があっての水の供給があるんだということを・・恩恵に預かる埼玉県民としては肌で感じなければバチが当たる。そう思った。




いや、例えこのダム建設がなくてもだ。せめて、水は無駄にしてはならないんだよ。いや、もう既にダムとして出来上がっている過程においてもこうしたことの繰り返しだったのだから、水を無駄にしてはそもそもだめなんだ。




中止になれば一見よかったってなるはずが、もう立ち退いてしまった方も沢山いて事はそう単純にはいかなくなってしまっている。




一度失われた故郷は、もう元には戻らない。中途半端に壊されてしまったダム建設区域をどうしてくれる。利益重視に物事を運んできた官僚の責任はとてつもなく、重い。




では、国がお金を出すからそれで皆さん元の場所に戻ってくださいって訳にもいくまい。




かつて住んでいた住居だって壊されてればまた建て直して、それに仕事だってね・・温泉旅館をされていた方にしても莫大な費用が掛かるだろうし。




なんとも大迷惑な公共工事の繰り返し。もう、いい加減にしろと憤りを隠せない。




そもそも計画案が出た時点から、周辺地域の方は長きにわたってこのダム建設問題に振り回されてきたんですよね。




本来ならば普通に家を建て替えたり、或いは町おこしをしたり、それがダム建設予定地となったがゆえに観光事業らしきこともできずに。却ってそのダムに沈む町というキャッチフレーズでの観光スポットとせざるを得なかったのだ。




続きをまた書きます。

Calendar
2017.06.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

啄木鳥

Author:啄木鳥
アメブロから引っ越して参りました、はさくわです(・◇・)/ この度、元の名前の啄木鳥でもう一度ブログをやってみたいなと思い、ハンネを啄木鳥としました。野球シーズンの間は恐らく横浜ベイスターズの記事が多くなると思いますが、軸は日常ネタ中心で書きたいなーって思ってます(^^ゞ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター

Copyright © 啄木鳥の森 All Rights Reserved.

Material by ふわふわ。り / Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。