啄木鳥の森

バードウォッチングと野球とドラマ『相棒』『太陽にほえろ!』『京都迷宮案内』、ドラゴンクエストと本が好きな戯言だらけの啄木鳥です(・◇・)/

web拍手 by FC2
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
2009.11.02 Mon 06:57

重たい命題のようで考えちゃう問題のようだけど・・




この記事読んで思いました⇒http://focus.allabout.co.jp/contents/focus_closeup_c/stressmanage/CU20050315A/index/?from=news.ameba.jp




自分は、違うと思う。




愛が大きいほど、憎しみもそれだけ大きいとは思わない。




逆に、憎しみが生じるということはその愛は本物か?と問いたい。




自分とて、そんな偉そうに言えるほど人を、動物を愛せる奴だと思ってはいない。




けど、単なる執着を愛と誤解してるケースって結構多いかもって。




もち、自分も20代の頃はまさしくそれだったりする。




距離や気持ちが離れたりすると、とかく不安になる。




少なくともその時点で、相手を信頼していない証拠なんだ。




私はこういうのは嫌いだからしないけど、携帯を盗み見したりするのも、信頼関係が構築されていない何よりの証だと思う。




でも、ふとした疑惑でも相手に問いただせる人ならば、こうした行為は要らない。




それに、相手を四六時中見張っている訳でもないから携帯の履歴を見たところで所詮は気休めにしかならないのではないかと自分は思う。




要は、キリがないということ。




一緒にいるひとときは、相手の行動の一部に過ぎないんだ。




それでも、全てにおいて信じ合えることこそ、本当の信頼関係であり、愛していることになるんだと思う。






遠距離でも思い合える人ってすごいなと思う。




でも、近くても遠い人ってのもいる。






愛は愛でしかなく、憎しみは所詮、憎しみでしかない。




愛していると思っている人でも、実は無意識の内で憎しみが潜んでいる場合があったりすることもある。




自分に無いものに惹かれているに過ぎない場合だってあるかもしれない。




私の場合は、自分の頭が悪いと思っているんで自然と頭の良さそうな人に取り入ろうとする。




こっちが下だと思う方が、楽だから。




でも、やはり下は嫌なのだ。自分だって頭が良くありたい。




そうした不満足から成る関係なんて、所詮いつかは壊れていく。




私の人間関係は、そうした歴史の積み重ねだった。

スポンサーサイト
Name
Mail
URL
Title
Message

Pass
Secret

Top

Trackback URL

Top
Calendar
2017.06.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

啄木鳥

Author:啄木鳥
アメブロから引っ越して参りました、はさくわです(・◇・)/ この度、元の名前の啄木鳥でもう一度ブログをやってみたいなと思い、ハンネを啄木鳥としました。野球シーズンの間は恐らく横浜ベイスターズの記事が多くなると思いますが、軸は日常ネタ中心で書きたいなーって思ってます(^^ゞ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター

Copyright © 啄木鳥の森 All Rights Reserved.

Material by ふわふわ。り / Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。