啄木鳥の森

バードウォッチングと野球とドラマ『相棒』『太陽にほえろ!』『京都迷宮案内』、ドラゴンクエストと本が好きな戯言だらけの啄木鳥です(・◇・)/

web拍手 by FC2
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
2010.08.17 Tue 22:43

今日は、どんな展開になっても楽しく観ようと思っていた。




例え、先発の清水直行がよほど調子が悪かったとしても、まだそこまでは耐性力は続いていた。




が・・・




自分は、贔屓選手を贔屓しすぎるあまり、カープファンをやめてしまったくらい、お気に入り選手中心に野球を楽しむスタンスである。




山口俊もお気に入り力士・・いや、選手の1人であることはもう承知でしょうが。。。




なので、今日の試合は・・・今日の試合は・・・かなーり悔しいっ(ノДT)




とても、平常心ではいられないほどだ。




でも、山口君を責める気は全く起きないし、恐らく他のファンもそうだと思う。




仕方ないといってしまえばそれまでだが、仕方ない以上に、人員不足の恐ろしさばかりが残る感じ。




6月に牛田が離脱してしまって以来、山口君が如何に大変な思いをしているかにどうにも自分として目を背けてきたきらいがあった。




だって、何を言っても所詮どうにもならんから。




今日は悲しい結末で終わってしまったけど、日頃の彼の重圧ぶりを考えても、本当に良くやっていると思う。




こうして書いていても目が曇ってくるのだが、1人の投手がイニング途中でノックアウトされて私は初めて泣きました。




かといって、早く交代を・・・という気は不思議となかったんだけど、それだけファンである自分も山口俊に頼りたい一心だったからだろうか。




山口君の前に投げていた弥太郎もよく踏ん張っていたので、今日は確かに8-12で負けた。




でも、致命的な失策もこれといってなく、継投の失敗もなく、点差もそれほど大きくならずに済んでいる。




が、何故だか気持ちが明るくならない。




何だか、まるで大金を失ったかのような~大事な物を失くしたショックに結構似ている。そんな心境になった今日の試合。




村田に復調の手ごたえを感じ、内川の守備にも前回の試合でもその前の前でも何度か助けられている。




明日、切り替えて頑張ればいい・・・




ただ、とかく今日は虎モードに押しつぶされた・・・そうだ、それだ!気が沈んでしまうのは~




阪神というチームは別段嫌いなわけではないんだけども、まぁ今日の大洋復刻初日試合とあってどのチームに負けても悔しさは同じだったろうが、阪神の打線の恐ろしさを改めて感じ、勢いっていうのかなー、それに乗るのって結構大事なんだなーって。






最後に、2つばかりランプを灯すような話をしてこの記事を締めくくりたいと思う。




9回表で山口君が無念すぎる降板をしたが、彼がイニング途中で降板するのを実は今日初めてこの目で見た。




小窪が一軍にいた頃は横浜の試合を見たくても小窪が気になって広島の試合をメインに観ていたのもあって、全部の横浜ベイスターズの試合を観ていた訳ではないんだけども、とかく自分は今日初めて彼がマウンドを降りるのを見てしまった(ーー;




流石に悔しさは数倍大きかったのは考えるまでもないけど、尾花監督を振り切るようにベンチ奥へ悔しさを顕にして引っ込んだあたり、それが彼らしさなのかはわからないが、それだけ悔しさでいっぱいだったのだろう。




しばらくベンチ奥から戻ってこないだろうと思いきや、数分して気がつけば清水直の横で試合を見ている山口君の姿があった。




そんな彼を、立ち直りが早いだとか単純だとか言うつもりはない。




思いは複雑すぎるだろうし、直ぐに頭の中で消化しきれないだろうし、それでも試合を見守るのも選手としての役目だという意識があるから、奥で悔し泣きするよりも状況を見つめることで気持ちを整理したい思いもあるのだろうか。




こればかりはノックアウトされないと気持ちが解らないだろうけど、また横にいた清水としてもどういう心境でいるのだろうかと想像もつかないし・・




そんな山口君を、是非とも今後も応援し続けていきたい。






あと、先日のベイの内野手事情記事で藤田一也君のことを取り上げたけど、奇しくもあれから石川タケが怪我で離脱して一転してスタメンから外せない戦力となった。




彼はいつも、試合が終わってベンチを引き上げる際に、グラウンドに向かって必ず一礼する。




その礼の仕方にしても、藤田君の人柄の良さを窺えた。




で、今日は敗戦となって呆然とベンチから立たなかった下園の横で藤田もただ無表情な感じで前を見つめているばかりだった。




負けた方はベンチからさっさといなくなるのが通例だろうが、最後まで残っていた選手はやはり藤田かなーと思ったら藤田で、他の選手が置いていったのかもしれないバットやグローブを携えて一礼して引き上げていった。

スポンサーサイト
Name
Mail
URL
Title
Message

Pass
Secret

Top

Trackback URL

Top
Calendar
2017.10.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

啄木鳥

Author:啄木鳥
アメブロから引っ越して参りました、はさくわです(・◇・)/ この度、元の名前の啄木鳥でもう一度ブログをやってみたいなと思い、ハンネを啄木鳥としました。野球シーズンの間は恐らく横浜ベイスターズの記事が多くなると思いますが、軸は日常ネタ中心で書きたいなーって思ってます(^^ゞ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター

Copyright © 啄木鳥の森 All Rights Reserved.

Material by ふわふわ。り / Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。