啄木鳥の森

バードウォッチングと野球とドラマ『相棒』『太陽にほえろ!』『京都迷宮案内』、ドラゴンクエストと本が好きな戯言だらけの啄木鳥です(・◇・)/

web拍手 by FC2
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
2010.09.28 Tue 19:39
5回裏まで終えて勝ち投手の権利を得た武田勝(汗)

1回裏で先頭打者の打球がまたも左足を直撃して一時はどうなるかと思ったけど(((( ;°Д°))))

尚、武田勝自身としては絶好調の時と何かが違うから、十分な投球ではないのかな。

でも、こうして元気にマウンドで投げている姿を見れて、この試合がチームとしてもペナント最終戦だから、その最後の試合に武田勝が出てやっぱファンとしてはホント嬉しいね(^^ゞ

今日はどこまで投げるかはわからないけど、最後の締めとして完封勝利といきたいけどなぁ~でも、勝たないといけないしなぁ~こういうとき、CSから脱落してれば・・・なんて( ̄~ ̄;
web拍手 by FC2
2010.09.19 Sun 09:23
尾花監督がこれから藤田をどうするのかを前回ちょっとばかし予測してみたが、結果的には外されそうな予感と落ち着いてしまった(((( ;°Д°))))

では、監督は藤田を本当はどう使いたいのか・・また同じ話が被るけど、勇気ある方は辛抱してもらえればと…


一時は、というかここ最近。徐々に藤田の出番が減ってきてしまっているので、そう、オールドユニが終わって石川が戻ってきて以来かなぁ~とにかく、彼の番が余計に切なく恋しくなるほど・・おっと、ヤバイ感情移入しそう(;´▽`A``

とかく、思わずそうなりそうなくらいに激減といっていいのかな・・前は、6回7回あたりに後半要員として出る機会が多かったけど、ここ最近は誰かを守備固めで出したりはするけども、セカンドで山崎を出す割合が増えてきて、従って藤田の出る割合は反比例していくのだった。

なので、もしかしたら藤田自体が監督の構想に合ってないのではないか~という恐ろしいことすら考えもした。

が・・そうではなかった。

ここはまたしても冷静になって振り返ってみた。
確かに、山崎の出る幕は多くはなったが、点差が少ない時や紙一重の時には、藤田を出す傾向が高いことがわかってきた。

自分で記録はつけてないんだけど、注視していれば大体はわかってくるんで。

要は、どうなるか引っくり返されるかわからないような時は、守備でより信頼できる人を出したい。

そう考えると、監督としても本当は藤田も使いたいけど、出すに出せないでいると理解することができ、自分なりに納得できた。

でなければ、石川が一時離脱してその間、一度も藤田を外しはしなかったのだから。

だったら、やはり石川か藤田かってなるだろうって思いたいとこだけど、やはり私は2人を二遊間で使いたい。

だから、現在セカンド起用されているカスティーヨが変な凡ミスでもしようもんなら、本当に腹が立つばかりなのだ(-""-;)

彼なりに危機感は持っているのは解るが、やはり守備に不安は拭えない。それはハーパーももっとだけれど・・

それに、外人選手をそうそうは外せないのはどこも同じだろうし、いや、広島はそうでもないか・・あんまり打てないと出られようもないか。

ところが、カスティーヨは3割近く打っているし、打撃センスとしては認めるべきものがある。
でも、守備が・・ってなる。

時期が時期だけに来年のことが騒がれだしているが、思うに、そんなに早くどうしようこうしようといってもシーズンが終わらないとどうせ動きようもないんだし、最後の最後までどうなるかわからないんだから、もうちょっと静粛にいったっていいのではないかぁ~って思う(ーー;

騒ごうが騒がなかろうが、とかく来年のことは気になるのは確かだし、外人選手らも今後の試合が凄く大事になってくるからもっともっと自覚してプレーに臨まないといけないところ。


とにかく、尾花監督はできる限り藤田を起用しようとしているのは理解できた。

信頼していなければ、僅差では使わない。

その僅差ほど、起用率が高い。

でも、スタメンでは厳しい(ーー;し、守備以外での何かが藤田に足りないからなんだろうね・・スタメンから外されてしまうのは。
勿論、今のメンバー以上の何かってことだけども。
なので、他のチームへ行けば外せない戦力となるところもきっとある。

だけどね・・藤田は云わば希望していた球団が横浜だったというのだから、その藤田を他球団で・・って到底ファンとしても思えないし思いたくないし、まぁ一番大事なのは藤田本人の気持ちだけれど。恐らく今もそれは変わってないと思う。ブログを一通り拝見しても、そういうのが結構伝わってくるので。

懸命に、彼がファンのために出たら・・いや、出られるように頑張る気持ちが伝わるだけに、出るに出られない事情はやはりこれもまた正直、辛い・°・(ノД`)・°・

そんなときに、またしても新たな内野手の加入…

本来ならば、チームの勝利のため、飛躍のために喜びたいところだけど~まぁこれ以上は言ってもどうせ戯言にしかならないからここまでにしておくばい( ̄Д ̄;;
web拍手 by FC2
2010.09.19 Sun 04:12
すっかり寝落ちしてしまいまんまと、大洋にほえろ!・・ぢゃなかった~太陽にほえろ!を見逃してしまった啄木鳥です( ̄ー ̄;

さて・・今回は藤田に焦点を絞って書きたいと思います。
小窪はどうしたのか?ですか~彼を巻き込む(?)と、また長くなってまとまらなくなるからひとつに絞るんだい(笑)

と、小窪にはまぁちょっと悪いような気持ちもてつだって・・

明日の20日に、横浜は湘南シーレックスから筒香嘉智内野手の昇格を名言しました。
いよいよか・・と思った。
まるで、ペリーの黒船がやってくるような~同じ横浜でありながら物を言ってるんだけども。

何故なら、内野手だから・・です。
そう、またしてもあのジレンマが生じそう・・・

勘のいい方は(ってか、勘以前のもんだろうがって)書かなくとも言いたい意図はお解かりでしょうが~何故また、内野手なのか~と恨み節を吹きたいのです(((( ;°Д°))))

もちろん、大砲が目当てなのでしょうが~どんだけ凄いかを早々に見たいのもわかるんですがぁ。

投手陣では何人若者が出てきても楽しみですが、内野手だとちょっと…

あぁこれではまた小窪のときのジレンマとおんなじぢゃないか…


因みに筒香は三塁手。
けど、昨日の試合ではファースト起用だった。
てことは・・
もし、筒香を早々とスタメン起用した場合(流石に20日はないと思いますが)

打順で
1.下園若しくは井手(中)
2.石川(遊)
3.内川(右)
4.村田(三)
5.スレッジ(左)
6.藤田(二)
7.筒香(一)
8.武山若しくは橋本または新沼(捕)
9.清水(ローテだとそうなりそう)

個人的には、藤田を二番にしたいけど、ずっと一番二番で使ってきた石川をイキナリ下位打線にはいただけないとも思い、こうだろうと・・

で、もう一度言いますがこれは藤田に焦点を絞って書くものです。

この、筒香の出現により、藤田がますます出られなくなるのでは・・って恐れを同じ内野手ということで脅威に感じました(((( ;°Д°))))

なので、ここは冷静になって果たしてそうかな?って立ち止まって考える必要があります。

で、自分が監督ならあのオーダーでいきますね。
因みに、20日はまずないでしょう(しつこい)広島ファンのみなさん、ご安心を。

ただ、彼は結構な負けず嫌いだそうなので一軍初スタメンとなった際もそれほど緊張しない可能性も大・・
そこは、性格が左右されるのかな・・
まぁいいや。筒香のことは。

啄木鳥監督としては、やはり藤田は安心できるので使いたい。
それに、カスティーヨは来年いるかどうかわからないし、来季構想を占う上でもまずは藤田で起用してみたい。
まぁこれは、逆もありで~来年どうなるかわからないからこそ、去就の参考としてカスティーヨを使ってみるって手もあるでしょう。
これでも、解る気はしますね。
ただ、やはりここにおいても石川か藤田かって問題にぶち当たってしまう。
前にも書いたように、本来はこれではない。
ショート石川・セカンド藤田で固定させたいのが本音。或いは、逆でもいい。ってか、ホントは逆の方がいいと思ってるけど・・石川がまだ伸び盛りゆえ、あまりコロコロ変えるのも良くないだろうから。

だから、二遊間の内野手はこれ以上は要らない。山崎憲晴もいるし・・個人的にだけど。
競争?確かに必要だけど、激しすぎる競争ってどうなん?却って有能な選手をダメにするかもって思うんだけど。
だって、藤田は本来は控えにいるような選手ではないし。かといって彼にとってはトレードは最良の選択とも思えない。そこが小窪に対するのと考え方は違うかなぁ~

もし、誰も来年一軍に内野手が新たに加わらなかったら~はまずないだろうから、藤田だけでなく石川もそれなりの危機感は持たないといけないだろうね。

逆算すると、村田・内川が残留した場合、ますサード村田は変更なし。
内川はホントはファースト起用が望ましいかもだけど、今のライトでもいい守備をしており、こちらも変更がない可能性あり。
尚、ハーパーの動向が大きく左右されるだろうが、仮にハーパーが来年いないと仮定したら、今ならあのオーダーになるだろう。
逆に、ハーパーが残留した場合・・もっとも、こっちの可能性の方が高いんだけども先にいない方を書かないと話がね・・

その場合は、ひとつの内野手ジレンマが生じるだろう。
ハーパーはファーストしか使えないとなると。

そして、筒香だけども二遊間をやったことがないと聞いている(どうだかよく知らない~メンゴ)藤田としてはさして影響なしか・・それとも、瞬発力は不透明だけど思い切ってセカンドで筒香を使うのか。あんまりそれはあって欲しくないんだけども~ハーパーも外せない・筒香も外したくないとなると、やっぱ強引にそうなりかねない。

それか、ウッチーのように誰か外野手できる人を回すか?広島の岩本みたく・・もっとも、彼はもとい外野手登録だろが( ̄ー ̄;

なんだか話が脱線しそうだ~戻そう。
そこで、尾花監督が藤田にどんだけ信頼を寄せているかを考えたい。

長くなってしまったんで~次回(;´▽`A``
web拍手 by FC2
2010.09.18 Sat 21:51
まぁ試合全体についてあれこれ論じる気にならないんで~自分の好きなのだけをピックアップします(笑)

まずは~やはり、小窪から。
今日は途中出場で3打数0安打だけど内1打は犠打で1打点。

いっぽうの守備では球が飛んでこなかったので特に書くこともない。
やはり、1打席目も2打席目も惜しかった。
どっちもレフト方向へのフライに終わってしまったけど、2打席目のはもうちょっとで本塁打ってなくらいの勢いだっただけに、ホント惜しかった(ーー;

あの、石井を下げての代打からって、やっぱ意味があるんだろうか・・
小窪のファイトを駆り立てようとしたのか。
そう思いたいが。

そして藤田。
9回裏に、スレッジの代走で出場。
押し出し四球により、そのままホームへ。
少しでも彼の守備が見たかったが、こればかりは・・まぁ、ちょっとでも拝めただけでも善しとする。

ぶっちゃけ、小窪よりも藤田の出るのを待ちわびていた( ̄ー ̄;
だって、彼の方が可能性があるからねー。
まして、カープの勝ち試合において、小窪をあまり出さないと思ってたし。
けど、藤田についてはまたあとで書くけれど、たぶん藤田よりもまだ小窪の方が出場割合が多いだろうと。
攻守とも藤田の方が正直上だと思ってるけど、そこはチーム事情ゆえか。
要するに、横浜の方が内野手のポジションがハードル高いかもしれないということ。
藤田は、本来ならば控えにいるような選手ぢゃないのだし。

最後に、武山。
清水直とこないだ組まなかったせいか、彼の出場がもんのすごく久々に思えてならない。
武山もまた、7回裏から寺原の代打での途中出場。
打撃は特に主だったところはなかったが、顔を見て、あぁだいぶ前に戻ってきたなーって(^^)
先月に打球で口を怪我してから痛々しそうにしてたが、やはり若いからか回復力があるね♪

打席では書くことがないが、リードにおいては9回表の福田とのバッテリーで、山本芳彦に対して高めの直球を見事ストライクにした技術が素晴らしかった( ̄▽+ ̄*)
もっともっと、ああいうのを磨いて欲しい。

藤田はちょっとタイプが違うけど、私は小窪や武山のようなガッツのあるやる気に満ちている選手がとても好きだ。
不完全だけども、優等生とかぢゃないけども、でも、チームが勝ってようが負けてようが関係なく頑張れるような選手になってくれたら嬉しい。

気がつけば、武山を贔屓目にし出したのも、小窪がより控え要員になってからのような気がする。
タイプが小窪と似ているのを感づいて自然と武山に力が入るのだろう。

是非とも、2人の飛躍に期待したい。
web拍手 by FC2
2010.09.14 Tue 23:14
随分、クールな感じのタイトルになってしまいますが・・
それもそのはず、今日はホント色んな人に助けられた試合だったからかな( ̄Д ̄;;

とにかく、よかったぁ~ヒヤヒヤした試合だったよぉ(((( ;°Д°))))
もー9回なんか、祈るような気持ちだったし・・
生憎、マツダの試合で小窪がスタメンで出ていたから清水のマウンドをじっくり見ることができなかったのが残念だけど(ーー;

今日のお立ち台も、本当は清水にも依頼がきたろうけど、多分辞退するんだろうな~って思った。

まさしく、村田・真田の2人の助けは大きかったし。

3回裏で、村田の2ランが清水のペースを締まらせたんだろうね。

7回の江尻の招いたピンチを、加藤・真田と繋いだ采配も良かった。

先日は、左右病とか言ってしまったけど、それについては~考えさせられる。
監督を信じるのがスッキリするのは確かだと今日改めて思った(ーー;

そして、その7回でさっきは内川の返球がと言ったけども、あれちょっと勘違いで内川からカスティーヨへ、そして彼のホームへの返球が素晴らしかったのだった( ̄▽+ ̄*;

お立ち台の真田もそうやって助かったのが良かったか、次の8回は虎を三者凡退に仕留めた!!

いや~もうこれだけ書くと、最後の山口の云々はもう書く気がしなくなるねぇ。

最近の山口からして、1点を取られるくらいはしょうがないくらいの覚悟はしていたつもりだった。

けど、こうして今日は清水の2桁がかかってるとかなると、彼の幾分不安な投球がその数倍も不安に感じてしまう( ̄Д ̄;;

ただ、彼の場合は調子がよかろうが悪かろうが、気持ちの籠ったピッチングをしていること。そこが他の投手と違う。

だから、調子が悪くてもあまり責めたくない。

けどもし今日抑えられなかったら~云わば同点になってしまったらどう自分は振り返っていたろう。

と、これ以上は考えないことにして・・・

とかく、真田のお立ち台が今日が初めてなのが意外だった(((( ;°Д°))))

あれだけ貢献してるのにぃ?!

ただ、それが悲しいかな中継ぎ投手の宿命というか。先発ほどは日の目を見ないそうしたポジションなんだなって強く思いました(ーー;


山口同様、清水も今日も絶好調とはいかず納得のいく投球ではなかったろう。

けど、彼なりに精一杯の投球してるのが伝わっただけでも、試合の序盤頃はあんま勝ち負け気にせずに見れたんですよー信じらんないかもだけど(笑)

一方、今日彼とバッテリーを組んだのが橋本。

この試合が終わるまで、尾花監督の「長年組んでましたからね」って一言を聴くまで、自分は橋本も清水と一緒のチームから来たことを・・認知してなかったんす(((( ;°Д°))))

すっかり、清水-武山のコンビで定着しすぎてしまい、橋本と組まなかったのは何故とは思ったけど、武山でないとダメなのかとも思ったのに、橋本の経歴を調べてなかったのは私らしくなかったなぁって( ̄  ̄;

監督曰く、今日のバッテリーはきっちり抑えるためと言っていたのもとても気になる&重要なキーワードな気がする・・

橋本とのと、武山と組むのとの違いはまだ自分には難しすぎて逆に教えて欲しいくらいだけど、今後というかあと残りの試合は清水はどうするんだろうってそれも気になる。

ともかく、今日無事2桁あげたということで、次の試合からは幾分気は楽にして臨めるだろうと。


しかしながら、これほどまでに清水直の勝利を願い請う自身に正直驚きもし、戸惑いも生じている(((( ;°Д°))))

私の中では、贔屓選手の1人ではあるけれど、小窪や武田勝ほどではないと思っていた。

けど、今日これほどまで2桁を願うほどにまで、自分でも応援する気持ちが生じて、いつしか清水の存在も思った以上に膨らんでいたんだなって・・(* ̄  ̄*)

それに、自分と同い年というのも感情移入しやすい要素なのかもしれない。

これ以上の深入りは禁物だなぁ~でも、一度は彼のマウンドをより身近で観て応援してみたいなぁ(*^_^*)


とかく今晩は、お酒普段飲まないので~アイスティで乾杯~本当に、おめでとう清水♪(*^-^)b
Calendar
2017.11.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

啄木鳥

Author:啄木鳥
アメブロから引っ越して参りました、はさくわです(・◇・)/ この度、元の名前の啄木鳥でもう一度ブログをやってみたいなと思い、ハンネを啄木鳥としました。野球シーズンの間は恐らく横浜ベイスターズの記事が多くなると思いますが、軸は日常ネタ中心で書きたいなーって思ってます(^^ゞ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター

Copyright © 啄木鳥の森 All Rights Reserved.

Material by ふわふわ。り / Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。